歳をとってから気付く紫外線の怖さ

歳をとってから気付く紫外線の怖さ

歳をとってから気付く紫外線の怖さ 若い頃は、紫外線に対する意識が薄く、特に子供の頃は、夏休みに日焼けをすることがどこか旅行に行って来た証拠になり、黒くなることで健康的で元気な子に見えるので、両親からも日焼けする事を止められず、黒く痛くなるまで日焼けをしました。20歳過ぎた頃から徐々に意識し始めましたが、それまでは、日焼けしてもすぐに元に戻るため、特に問題のある行為と思わず、何もケアをせず過ごしていました。30歳近くなってから、やっと気付きました。明らかに腕、背中、特に顔にシミが出来ているのです。

出来てからこのシミがどうにかならないか考え調べたのですが、一度紫外線によりできたシミは取る事が困難なようです。顔にシミが出来てしまうと、お化粧を厚く塗り、隠すしかありません。また、今、目に見えていなくても、今までの紫外線ダメージが徐々に出てくるようです。その後出来る事は、これ以上増やさないことだと思います。外に出る時は、例え雨だろうと冬でも毎日ケアし、日焼け止めを塗る事です。そして紫外線の強い時は、紫外線予防用の防止をかぶり、夏は長袖でいる又は日傘をさすことが必要です。

いつまでも若々しくいるための努力として、紫外線対策は重要なことだと思います。そして、若いから必要ないではなく、子供達にも紫外線対策として、日焼け止めは最低限塗ってほしいと思います。